このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

峯岸の熊野講

峯岸の熊野講                

wmv峯岸の熊野講(wmv 384 KB) 

画像をクリックすると動画が見られます                

峯岸の熊野講
所在地 那須町大字横岡(峯岸地区)
由来 年代の詳細は不明だが、当地区の熊野信仰は江戸時代に遡り、古くから信仰してきたことがわかる。横岡地区(峯岸・板屋・高瀬)で集落の繁栄や無病息災を祈願して行われてきたが、現在は峯岸地区のみに伝承されている。
以前は旧暦11月17日、当番の宿で、男衆が夜半から夜明けまで5~6俵の餅をつき、女性は一切手を出すことが禁じられていたという。現在は集落内の公民館で男性・女性合同で千本杵で餅をつきを行っている。
参加資格 峯岸地区の男女(全戸・全員、峯岸熊野講保存会)
実施時期 12月上旬
実施場所 峯岸公民館
概要 餅つき唄を唄いながら千本杵でつく
備考  

問い合わせ

那須歴史探訪館
住所:〒329-3443  木県那須郡那須町大字芦野2893
電話番号:0287-74-7007
E-mail:rekishi@town.nasu.lg.jp


掲載日 平成29年10月19日 更新日 平成29年12月8日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
生涯学習課 文化振興係(文化センター)
住所:
〒329-3215 栃木県那須郡那須町大字寺子乙2567-10
電話:
0287-72-6565
Mail:
(メールフォームが開きます)