このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全防災対策> 台風第12号の接近に伴う備えについて

台風第12号の接近に伴う備えについて

台風第12号の接近に伴う備えについて


台風第12号は、27日昼過ぎから夕方にかけて小笠原諸島に最も接近し、28日には関東甲信地方に接近する見込みです。
県内では、27日夜遅くから雨が降り始め、台風が最も接近する28日昼過ぎから28日夜のはじめ頃にかけて、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る予報がでています。
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。
また、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれがありますので、屋外活動などには十分注意してください。
今後の台風情報や警報・注意報などの気象情報に留意し、台風の接近に備えておきましょう。




●自分で行う台風への備え
・窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強しましょう。
・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定するか、家の中へ格納しましょう。
・飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておきましよう。
・懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品などの避難用具を確認しましょう。
・断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保しましょう。
・学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておきましょう。

●「大雨が降り出した!」「台風が接近している!」ときは…
気象台が発表する「台風情報」、「警報・注意報」などの気象情報を確認しましょう!
・気象台では、台風の影響が考えられる場合や雨などにより重大な被害が発生する恐れがあるときは、「台風情報」、「警報・注意報」を発表します。テレビやラジオから最新の情報を入手してください。
・危険な場所に近づかない。雨で増水した小川や側溝は境界が見えにくくなり、転落事故が発生します。また、山崩れ・がけ崩れも起こりやすくなります。日頃は安全と思われている場所でも油断せず、これらの場所にはむやみに近づかないようにしましょう。
・危険を感じたり、町からの避難勧告があった場合は、すぐにその指示に従えるよう準備し、あわてず速やかに避難しましょう。

「那須町安全安心メール」及び「緊急速報メール」の配信について
・町内で災害が発生する恐れのある場合に、次のような緊急情報を携帯電話等へ配信します。携帯電話等の充電を確認し、家の中でも情報がすぐに確認できるように備えましょう。
◎避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)、指定河川洪水警報、土砂災害警戒情報

●停電への備え
・台風による倒木で起こる停電は、落雷に比較して複数個所で発生する可能性が高いことから、復旧まで時間を要する場合があります。長時間の停電に備えましょう。
・信号機が突然消灯することが考えられますので、徒歩や車両で交差点を通行する際には十分注意しましょう。
・停電時に照明代わりとして、ろうそくなどを使用する際には、火災に注意しましょう。
・ビルなどのエレベーター、自動ドア、オートロックなどは稼働しなくなりますので注意しましよう。
・停電解消時の火災防止のため、アイロンやドライヤー、シーズヒーターなどの電熱器具・装置のプラグをコンセントから抜きましょう。
・停電解消時の事故防止のため、ハンドミキサーや電気ドリル、電動ノコギリなどの回転器具については、装置のプラグをコンセントから抜きましょう。
・出かける際には、分電盤のブレーカーを切り、電気の消し忘れによる事故を防止しましょう。
 

掲載日 平成30年7月27日 更新日 平成30年7月31日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務課 防災交通係
住所:
〒329-3292 栃木県那須郡那須町大字寺子丙3-13
電話:
0287-72-6902
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー