このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ子育て・福祉・健康健康町民の健康> マスク熱中症に注意しましょう

マスク熱中症に注意しましょう

今年も夏を前に暑い日が増えてきました。
特に今年は、例年とは違う夏の過ごし方をされる方も多いと思います。
マスク着用時には体内に熱がこもりやすくなり、マスク内の湿度が上がることで、喉の渇きに気づきづらくなる傾向にあります。
また、外出自粛による運動不足から、例年に比べ熱中症リスクが高まっています。
暑さが本格化する前に熱中症の予防を始めませんか?

熱中症予防

1.例年より、こまめに水分を補給しましょう
室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じる前に水分を補給しましょう。
大量に発汗する状況では、経口補水液など塩分も補給しましょう。
2.暑さを避けて過ごしましょう
できるだけ風通しの良い日陰など涼しい場所で過ごしましょう。
室内では室温が28℃を超えないようにエアコン等を活用しましょう。
ゆったりした服装、日傘や帽子を活用しましょう。
3.日ごろから体力をつけましょう
4.熱中症の症状に気をつけましょう

熱中症の症状

○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返し、気分が悪い
○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
(重症の場合)
○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

高齢者の注意点

高齢になると暑さを感じにくくなることがあります。室内に「温湿度計」を置き、室内温度を確認しましょう。
のどが渇いたと感じなくても、こまめに水分補給をしましょう。

子どもの注意点

思春期前の子どもは体温調節能力がまだ十分に発達していないため、熱中症リスクが高くなります。
また、地面に近いほど気温が高くなるため、身長の低い幼児は注意が必要です。
外出の際には、帽子等を使い、こまめに様子を確認しましょう。
車でお出かけの際には、車内に子どもだけを残していかないでください。

熱中症かな?と思ったら

熱中症かな?と思ったら、できるだけ早く体を冷やす必要があります。また、急に具合が悪くなることがありますから、誰かそばに付き添いましょう。

1.風通しのよい涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静にします
2.濡らしたタオル等をあて、うちわや扇風機等であおいで体を冷やします
3.冷えたペットボトルや氷を入れたビニール袋などで、首の付け根、わきの下、太ももの付け根等を冷やします
4.水分を飲ませます。大量に汗をかいている場合は、スポーツドリンクや経口補水液等が適しています

こんなときは救急車を呼んでください

1.呼びかけに対する反応が悪いなど意識障害がある
2.吐き気があるなど、口から水分をとることができない
3.全身にけいれんがあるなど

熱中症予防のために(厚生労働省).pdf

熱中症予防のために
 

掲載日 令和2年5月25日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉課 健康づくり推進係(保健センター)
住所:
〒329-3215 栃木県那須郡那須町大字寺子乙2566-1
電話:
0287-72-5858
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー