トップ産業・事業所情報農林業野生鳥獣対策> 鳥獣被害対策について

鳥獣被害対策について

鳥獣被害対策について(サル被害対策研修会より)

  近年、イノシシ、ニホンザルの被害が拡大しています。
  この被害の撲滅は大変困難です。しかし、被害を減らすことは可能です。捕獲のほか、人を恐れない群れを無くすこと。このためには、まず、餌付けをしないことが必要です。併せて、家庭や集落で侵入防止柵を設置するなどの対策が必要です。
  また、現在の人里は、鳥獣にとって「魅力がある里」になっていることが課題です。
  では、「鳥獣にとって魅力がある里」とは何か。それは、生ごみや食べ物の残りが山中に捨てたり、不要となった柿や野菜などが敷地に放置されていたり、庭に花や木の実が沢山あるなど鳥獣の餌となる物が豊富な状態のことです。
  鳥獣による被害を減らすためには、まず、鳥獣にとって「魅力の無い里」にすること。次に、地域が協力して住宅や農地の周辺の草刈り等を行い、鳥獣が隠れる場所を無くす努力をすることが、被害を減らす第一歩です。

(平成28年7月31日  雪国野生動物研究会  江成はるか氏の講演より引用)


掲載日 平成29年9月8日 更新日 平成31年1月24日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
農林振興課 林務係
住所:
〒329-3292 栃木県那須郡那須町大字寺子丙3-13
電話:
0287-72-6912
Mail:
(メールフォームが開きます)