このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ子育て・福祉・健康健康流行の病気や感染症> 9価の「HPVワクチン」が公費で接種できます

9価の「HPVワクチン」が公費で接種できます

令和5年4月1日から9価HPVワクチンを公費で接種できるようになりました。
年齢によって受け方が異なりますので、ご注意ください。

小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ

一般的な接種スケジュール

9価ワクチン(シルガード9)で接種を開始する方は、決められた接種間隔をあけて、合計2回または3回接種します。
1回目または2回目に気になる症状が現れた場合は、2回目以降の接種をやめることができます。
シルガード
※1:1回目と2回目の接種は、少なくとも5か月以上明けます。5か月未満である場合、3回目の接種が必要になります。
※2・3:2回目と3回目の接種がそれぞれ1回目の2か月後と6か月後にできない場合、2回目は1回目から1か月以上(※2)、3回目は2回目から3か月以上(※3)あけます。
 

これまでに、2価または4価のHPVワクチン(サーバリックスまたはガーダシル)を1回または2回接種した方

原則として同じ種類のワクチンを接種することをお勧めしますが、医師と相談のうえ、途中から9価ワクチンに変更し、残りの接種を完了すことも可能です。この場合にも公費で接種することができます。

9価HPVワクチン接種のお知らせ(小学校6年~高校1年相当)の方
 

平成9年度生まれ~平成18年度生まれの女性へ

一般的な接種スケジュール

9価ワクチン(シルガード9)で接種を開始する方は、決められた間隔をあけて、合計3回接種します。
1回目または2回目に気になる症状が現れた場合は、2回目以降の接種をやめることができます。
sankaisessyu
※2回目と3回目の接種がそれぞれ1回目の2か月後と6か月後にできない場合、2回目は1回目から1か月以上、3回目は2回目から3か月以上あけます。
 

これまでに、2価または4価のHPVワクチンを1回または2価接種した方

原則として同じ種類のワクチンを接種することをお勧めしますが、医師と相談のうえ、途中から9価ワクチンに変更し、残りの接種を完了することも可能です。この場合にも公費で接種することができます。

9価HPVワクチン接種のお知らせ(平成9年度生まれ~平成18年度生まれの方)





 

掲載日 令和5年4月14日 更新日 令和5年4月17日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉課 健康づくり推進係(保健センター)
住所:
〒329-3215 栃木県那須郡那須町大字寺子乙2566-1
電話:
0287-72-5858
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー