このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

語源

  那須の語源については、判然としていないが、下記の数種類の説がある。

  1. 那須とは「那珂川の中州」という語から短縮されたものであろうという説。
  2. 那須とは、アイヌ語から変化したものであろうという説。
    (郷土史研究家・蓮見長氏の著書の中に、アイヌ語では野を「ヌブ」といい「」は、声を呑んで発音するため「ヌ」と聞こえる。国語で「」を古語で「」と読むから”アイヌ語”から出たものと考えられる。次に麓や裾を表わすアイヌ語に「ヒコツ」というものがある。
    また、「ヒコツ」と同じ意味で「シュタ」というのがあり、こちらは、語尾の「タ」を呑んで「シュ」となる。この二つの語を合わせると、「野裾」=『ヌシュ』となり、「ナス」(那須)と聞こえて地名になったと解釈したとある。)
    上記の説をアイヌ語に造詣深い金田一博士に、質問状として差し上げたら「直に成立する」との回答を得たとある。
  3. 故 寺田 寅彦氏は、その著書に記して、那須、阿蘇、浅間等は同じ語からお互いに変化した語だという説。

掲載日 平成29年10月5日 更新日 平成29年12月19日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務課 秘書広報係
住所:
〒329-3292 栃木県那須郡那須町大字寺子丙3-13
電話:
0287-72-6901
Mail:
(メールフォームが開きます)