このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

伊王野地域

旧東山道の拠点として古代文化の足跡を数多く残す伊王野エリア

  旧東山道、旧跡も多く存在し、古代文化の足跡を残す伊王野エリアは、那須町の最も東に位置し、福島県の棚倉町や表郷村、白河市と接しています。

  福島県と県境で接する伊王野エリアには、宿場町、城下町として旧東山道により発達してきたという歴史があり、現在でも国道294号沿い市街地が形成されている。この伊王野市街地からは棚倉町に抜ける黒磯棚倉線と大子町に抜ける大子那須線(未通部分あり)、白河市に抜ける坂本白河線、黒羽町から茂木町へと抜ける那須黒羽茂木線、と4本の主要地方道があります。

  主な産業としては米作を中心とした農業と、八溝材で有名な林業があげられます。その一方で国の重要文化財に指定されている「三森住宅」をはじめとする数々の文化財や源義経にゆかりのある史跡が点在している地域でもあります。
  また、八溝県立自然公園の一角をなす同地域は「伊王野城址の樹林(県指定天然記念物)」など素晴らしい自然も多く残っています。
  現在、新たな地域活性化の拠点施設として、国道294号沿いに道の駅「東山道伊王野」が平成12年10月オープンしました。この道の駅には、お祭りの屋台2台を収納する「伊王野まつり伝承館」を中心として、直径12メートルと5,6メートルの2連の大水車や直売所、食堂、トイレ、駐車場などが整備されています。

専称寺の写真 沓石の写真

    専称寺                                        沓石


掲載日 平成29年10月5日 更新日 平成29年11月17日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務課 広報広聴係
住所:
〒329-3292 栃木県那須郡那須町大字寺子丙3-13
電話:
0287-72-6901
Mail:
(メールフォームが開きます)