このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・環境税・保険料固定資産税> 相続人代表者指定届

相続人代表者指定届

相続人代表者指定届出書

相続人代表者指定届出書とは

納税義務者(土地や家屋の所有者など)が亡くなられ、その年の12月末日までに相続登記が完了できない場合は、相続人の代表者を決めていただき、相続登記が完了するまでの間、相続人を代表して固定資産税等に係る納税通知書及び納付書の受領をはじめとする一切の権利を有する相続人代表者であることを申告するものです。

相続人代表者指定届出書に記載する事項

  1. 相続人全員の氏名・住所・被相続人との関係
  2. 相続人代表者の住所・氏名・電話番号


※相続人代表者指定届の提出によって、登記をしたことにはなりません。
※相続の話し合いが整い、12月末日までに法務局(登記所)で登記が終了すれば、翌年度分の固定資産税等の納付書・固定資産税関係のお知らせ等は、登記の内容に基づいて送付されます。
※相続人が単独の場合についても、同じ様式を使用します。
※住所・氏名については本人の自筆を原則としています。 


掲載日 平成29年9月15日 更新日 令和元年12月9日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
税務課 資産税係
住所:
〒329-3292 栃木県那須郡那須町大字寺子丙3-13
電話:
0287-72-6905
Mail:
(メールフォームが開きます)